バイクの売り時(軽自動車税):バイク査定のポイント

バイクの売り時(軽自動車税)

Sponsored Link

長い期間乗っていない、または放置しているバイクでも、毎年4月1日になると、軽自動車税を支払わなければなりません。

軽自動車税というのは、4月1日現在に、そのバイクの所有者に支払いが義務づけられている税金のことです。


この軽自動車税は、5月中が納期と定められており、年間課税により、月割額はできず、一括で払い込まなければなりません。

対象となるのは以下の軽自動車や自動二輪車です。

1.原動機付自転車:総排気量125cc以下の小型自動二輪車、原動機付自転車
2.軽自動車:総排気量660cc以下の自動車
3.小型特殊自動車:農作業用小型車両など
4.二輪の軽自動車:総排気量125cc以上、250cc以下のバイク(二輪車)
5.二輪の小型自動車:総排気量250cc以上のバイク

その翌年の3月31日までの軽自動車税を、現住所のある市区町村に納める必要があります。

4月2日にバイクを購入し、所有者となった場合には、その年度の軽自動車税は全額課税されません。

しかし、4月2日以降に、バイクを売却し、名義変更を行った場合には、4月1日にそのバイクを所有していた人に、軽自動車税が課せられることになります。

そのため、バイクの売却を考えた場合、軽自動車税を考慮すれば、4月1日以前に売却するのが賢い選択であるといえます。

また、春先になると、バイク購入者の需要が増加するため、バイク買取業者も比較的好条件でバイクを買い取ってくれる時期だともいえます。

バイク売る

Sponsored Link

Sponsored Links

    バイク査定

Sponsored Links
サブコンテンツ
Powered by さくらのブログ