バイク査定時に必要な書類:バイク査定のポイント

バイク査定時に必要な書類

Sponsored Link

バイクの査定を終えて、納得する査定額をだしてもらい、売却を決めたら、いよいよバイクを買い取ってもらいます。



バイク売却時に、手続きをスムーズに進めるため必要な書類は事前にそろえておき、持参しておくとよいでしょう。
※売却するバイクスクーターの排気量で必要な書類は違うので注意してください。

○1cc〜125cc未満 役所発行の標識交付書

○126cc〜250cc未満 軽自動車届出済証

○251cc以上 自動車検査証(バイク車検証)

このほかに、バイクに車検が残っている場合は、自賠責証明書。 正式には自動車損害賠償責任保険証明書のことで、自賠責保険に加入しているという証明書のことです。

○身分証明書:身元確認のために、運転免許証やパスポートなどの身分証明書を用意しましょう。

各市区町村で発行される住民基本台帳カード(住基カード)や健康保険証でも本人確認のための証明書として使用することができます。

また、車検証等に記載されているバイク所有者の住所が、現住所と異なる場合は住民票が必要です。

○印鑑

買取するバイクの名義人が、契約者と違う場合や、契約者が未成年の場合には、電話などでそれぞれ名義人、保護者の同意確認が必要な場合があります。(店舗によっては、名義人による売却の意向を示す書類を求められたり、未成年者は保護者の同伴が必要なこともあります。)

通常、バイクを手放した後の名義変更、廃車届は、買取業者が行います。不安であれば、そういった面も売却時に、買い取り業者に確認しておきましょう。

ローン中のバイクやスクーターを売却する場合には、ローンに関する書類も用意しておきましょう。

売却後に不安なことや、わからない事などがあれば、しっかりと確認してから押印してください。

バイク査定必要書類

Sponsored Link

Sponsored Links

    バイク査定

Sponsored Links
サブコンテンツ
Powered by さくらのブログ