バイクの洗車:バイク査定のポイント

バイクの洗車

Sponsored Link

バイクはキレイな方が印象もよく、高い査定額になるだろうと思い、バイクの査定前に、気合を入れてバイクを洗車したが、洗い方を間違えると、逆にバイクをキズつけてしまうことになりかねません。

では、正しいバイクの洗車とは、どのようにすればよいのでしょうか.


結論から言ってしまうと、売却したいバイクを査定前に洗車したところで、それほど査定の評価は上がらないようです。

しかし、目に付く汚れなどは落としてから査定を依頼したいものです。

バイクの洗車の仕方
バイクが走行後であれば、エンジンやマフラーを冷ましてから、部分的に水をかけ、やわらかめのブラシやスポンジで洗います。

このとき、使う洗剤は、どんな素材にでも使用できるマルチクリーナーが重宝します。

バイクは、基本的に水にぬれても大丈夫なように設計されていますが、バイクの下方や後方から水をかけるのは良くありません。

ホースから水を直接かけるのではなく、バケツにいったん水を汲み、洗剤を含ませたスポンジなどを使用して、バイクの洗車を行ってください。

また、霧吹きなどがあれば、スポット的に水をかけて洗車することができます。

全体的にスポンジとブラシで汚れを落としたら、バイクについた泡を洗い流します。そのあと、乾いた布をつかい、バイクについた水分・水滴を拭き取ります。

そして、微粒子の液体コンパウンドを使用してカウルやタンクなど磨き、細かなキズを消し去ります。

最後にワックス(バイクには液体のものが便利)をかけ、光沢を出します。

メンテナンスと、バイクをキズつけない洗車を、日ごろから心がけてください。

バイク査定ポイント

Sponsored Link

Sponsored Links

    バイク査定

Sponsored Links
サブコンテンツ
Powered by さくらのブログ