中古バイクの相場:バイク査定のポイント

中古バイクの相場

Sponsored Link

中古バイクの売り時

バイクを少しでも高い値で売却するためには、様々なポイントがあります。そのひとつに、買取の相場が高い時期にバイクを売るというもの。
では、その時期とはいつなのでしょうか?


中古バイクの価格は、日が経てばそれだけ価値が下がってゆきます。では、具体的に中古バイクの売却はいつがよいのか。

車検時期
車検切れしたバイク、または車検切れ間近のバイクだと、査定でマイナスになる可能性があるので、車検が2ヶ月以上(長ければ長いほうがよい)あるほうが有利といえます。

車検間近、または車検切れのバイクの場合、車検を受けて売却しても、車検代という出費がすでにあるので、査定額からその代金を引くと結果的には車検に通さなかったほうが、結果的には得だった、ということが多いといえます。

そいったことから、バイクに車検が残っていない場合には、車検は受けずに売却したほうが有利なのです。

年間を通しての売り時
入学、就職の季節やゴールデン・ウィーク前などは、中古バイクの需要が高まるために、比例して中古バイクの買取額も上昇します。

しかし、バイクの価値は日にちが経つほど下がってしまうので、出来るだけ早めに買い取ってもらう方が良いともいえます。

バイクの種類により、一般の車買取専門店だけでなく、特定のバイク車種を買取している店舗(ハーレー専門であったり、オフロード専門など)のほうが、一般の店舗に比べ、その車種を評価してくれる場合があり、こういった専門店でバイクの査定をしてもらうのも、高額で買い取ってもらうポイントとなります。

特に、70年〜80年初頭の古いバイクなどは、車種によってはマニアに高く売れることもあるので専門店で査定してもらうことをお勧めします。

中古バイク相場

Sponsored Link

Sponsored Links

    バイク査定

Sponsored Links
サブコンテンツ
Powered by さくらのブログ