売るバイクの車検切れ:バイク査定のポイント

売るバイクの車検切れ

Sponsored Link

車検切れのバイク

車検が無い、あるいは車検期間があまり残っていない中古バイクを売るときは、車検を通してから売るべきなのでしょうか?


車検切れしたバイクは、車検に通してから査定をしてもらったほうが、査定額は当然良くなるのは言うまでもありません。しかし、それまでの車検費用や修理費などを考慮すると、結局は車検に通さずにバイクを売ったほうが得になる場合がほとんどなのです。

なぜなら、バイクの査定で、評価がマイナスとされた分の金額よりも、修理や車検での支払った金額分の方が高くつくことがほとんどだからです。

これはバイクの故障(程度によりますが)箇所や、大きなキズを直してから中古バイクの査定をするより、バイクにキズが付いた、または故障したそのままの状態で査定してもらう場合にも当てはまることです。

売るなら早い時期に
中古バイクの市場価値は時がたつにつれ下がってゆくものです。

車検期間が残っていても、車検が切れていても、売りたいと思ったら、できるだけ早くそのバイクを売ったほうが、結局は得になるのです。

また、車検期間はできるだけ長いほうが良いのは当然ですが、それでも最低2ヶ月以上ある時期に売れるように余裕を見ておいたほうが良いでしょう。

こういったことも、少しでも中古バイクを高額に売るコツのひとつといえます。

バイク売る

Sponsored Link

Sponsored Links

    バイク査定

Sponsored Links
サブコンテンツ
Powered by さくらのブログ